妊活・妊娠中は葉酸サプリで胎児の先天性異常を防ぐ

葉酸サプリは妊娠前から摂取することが大切です。

 

葉酸は妊娠前から摂取することが大切です。

胎児は成長する過程で細胞分裂が盛んに行われますが、

それに必要な栄養素が葉酸です。

葉酸が不足するとまれに先天性異常で生まれるケースがあります。

胎児の先天性異常が発症するリスクが高まります。

 

二分脊椎症や無脳症が発生するケースです。
これを防ぐために葉酸の摂取を厚生労働省は推奨しています。

葉酸サプリは厚生労働省より妊娠前から妊娠3ヶ月(8~11週)までに摂取するのがよい
と言われています。

理由は、妊娠してからの3ヶ月間は、胎児の脳や脊髄といった成長が行われ、
葉酸は、細胞分裂による成長サポートから、
脳や脊髄の奇形のリスクを減らすことができるとされているからです。

また、妊娠がわかってからは、すでに妊娠3ヶ月など脳や脊髄の成長が終わっている
ケースもあることから、妊娠前からの摂取が推奨されています。
ですから妊活を決めた日に飲み始めるのが一番よいのです。

※葉酸は細胞増殖に必要なDNA合成に関与しています。
またホモシステインというアミノ酸の一種が蛋白質の合成に必要なメチオニンという
必須アミノ酸に変換される過程に必要とされます。

妊娠初期は胎児の細胞増殖が盛んであるため、
この時期に葉酸摂取が不足すると胎児の神経管閉鎖障害の発症リスクが
高まることが示唆されています。

神経管閉鎖障害とは脊椎の神経管の癒合不全による先天異常であり、
日本では神経管閉鎖障害のうち脊椎に癒合不全が生じる二分脊椎が大部分を占めます。

日本における二分脊椎の発症率は1999-2003年で出生1万対5.12であることが国際クリアリングハウスにより報告されています。

2000年に厚生労働省から神経管閉鎖障害のリスク低減のために
妊娠の可能性がある女性は通常の食事からの葉酸摂取に加えて、
いわゆる栄養補助食品から1日400μgの葉酸を摂取するよう推奨されています。

 

不足する葉酸はサプリメントで補うことをオススメします。

 

赤ちゃん・胎児に必要なベルタ葉酸サプリの効果

葉酸はほうれん草,ブロッコリー,レタス,キャベツ,豆類(枝豆,空豆,インゲン豆など),
レバーなどの食品に多く含まれています。
とくに濃緑色野菜や葉物野菜に多く含まれています。

葉酸はビタミンB群のうちのひとつで、水溶性のビタミンです。
ビタミンB群は葉酸以外にビタミンB1,B2,ナイアシン(ニコチン酸),
B6,パントテン酸,ビオチン,B12の8種類です。

神経管欠損症(NTD)など胎児の先天性奇形の予防

葉酸を妊娠前1ヶ月から妊娠3ヶ月ごろの妊娠初期に多めに摂取することで、
神経管欠損症(NTD)など胎児の先天性奇形の予防効果があります。

心臓病の予防

含硫アミノ酸のホモシステインの血中濃度が上がってしまうと心臓病のリスクが高まります。
葉酸はビタミンB12との相乗効果でホモシステインの血中濃度を下げる働きがあります。

貧血の予防

葉酸は赤血球を作るのに欠かせないビタミンです。
葉酸が不足すると正常な赤血球が作れなくなり貧血の原因になります。
子宮頸ガンの予防

アラバマ大学が14年間子宮頸ガンの危険性がある女性の追跡調査を舌結果。
葉酸を投与すると子宮頸ガンの発生率が1/2から1/5に低下したと発表しています。

葉酸は水溶性のため、調理によっては成分が流れてしまい、不足しがちになります。

そこでサプリメントで不足を補う必要があるのです。

【ベルタ葉酸サプリ】

【ベルタ葉酸サプリの特徴】

 

◎厚生労働省推奨400μgの葉酸

27種類のビタミン・ミネラルを配合
配合されている栄養の種類と量が豊富

◎16mgの鉄分・232mgのカルシウムを配合
ビタミン・ミネラル27種類、鉄分・カルシウムが豊富

18種類の野菜を配合

◎安心・高品質の美容成分を配合

安心の無添加・無香料・製造チェック
天然由来の成分や野菜から抽出されています。

◎出産・授乳経験のある社員スタッフによるサポート

「現役ママならではの視点」と「ユーザーの生の声」から生まれたのがベルタ葉酸サプリです。



葉酸の副作用の可能性は?

葉酸は脳や脊髄の奇形のリスクを減らすことができる効果があることは解かりましたが、
過剰に摂取した場合に問題はないのでしょうか?

 

葉酸は水溶性なので、過剰摂取しても、尿と一緒に排出されますので、
ほとんど影響はありません。
しかし、一部の副作用は指摘されていますので注意して摂取してください。

 

副作用の症状は、
不眠症、吐き気、胃部不快感、むくみ、食欲不振など報告されています。

 

葉酸の摂りすぎで亜鉛の吸収率の低下,ビタミンB12不足の発見が遅れてしまうなどが起きてしまいます。

 

一部の医薬品(抗ガン剤)との併用でアレルギー症状の副作用が報告されています。

 

ビタミンB12が不足していても、葉酸を飲み過ぎていると問題が表面化しづらくなることが、
高齢者にはあります。

 

摂取をやめればすぐに回復するので、あまり心配する必要はありません。

【ベルタ葉酸サプリ】

サブコンテンツ

このページの先頭へ