イベント・行事

袋井祭り 2016 迫力の屋台の曳き廻し

2016/10/08

静岡県袋井市で行われる袋井祭りは、五穀繁盛・無病息災を心から願い、市中心部15町で行われる祭りの総称です。毎年10月第2週目の金曜日から日曜日にかけて行われます。

華麗な15台の屋台の曳き廻しが行われ、特に旧東海道、静橋、駅前地区でのそれは迫力がありますので、一見の価値があり、「てこ舞い」といってひょっとこの面をかぶって踊る姿は見てる人を楽しませてくれます。

10月10日(土)は正午から15台の屋台渡橋が行われ、18:00〜19:30は20町による屋台曳き廻し、手木あわせが行われ、お祭りの最大の見どころとなります。

山車は太鼓の音色や囃子手の笛に合わせて、袋井の町を練り歩きます。

袋井祭りで見られるお囃子は、遠州横須賀と遠州森町に影響を受けたもので、それぞれ山車にはよって少しずつ異なるので、その違いを楽しめることも醍醐味なのです。

また、11日は静橋北交差点付近にて19:00からもち投げが行われ、20:00から袋井駅前にて打ち上げ式が行われます。

スポンサードリンク

⚫︎山車

袋井祭りの山車は、森町型屋台とよばれる大きな二輪がその特徴です。

上部には屋台が付けられ、織田信長、直江兼続、一寸法師、染谷七福神、頼光鬼退治など歴史上の人物をモチーフとした人形が乗っています。

お祭り当日は、旧東海道、静橋、駅前地区はこれら山車で大変な賑わいをみせます。

⚫︎屋台の形

袋井祭りの屋台の形は、遠州中部・遠州東部によく見られる、二輪御所車式なのです。
 屋台の周りには、いろいろか彫刻が施され絢爛豪華さを誇るのです。

屋台前部には「手木」と呼ばれるところがあり、そこには4~8名が入り、曳き綱を持つ多くの人たちによって曳かれます。

そして、お囃子に合わせ勇壮に練り曳き廻す姿はとてもかっこいいのです。

見物している人たちに、興奮をもたらすのです。

⚫︎お囃子

袋井の祭囃子は土地柄、遠州横須賀と遠州森町のお囃子に影響を受け、屋台によってそれぞれ違います。

余談ですが、遠州横須賀のお囃子である、三社祭礼囃子は静岡県の県指定無形民俗文化財として、知られているのです。

スポンサードリンク



⚫︎曳き廻し

山車2

袋井市の祭は五穀豊穣・無病息災を願い、お囃子にあわせて屋台(山車)の曳き廻しを行います。

歴史はとても古く、江戸時代に曳き廻したのが始まりといわれています。

10月10日(土)は正午から15台の屋台渡橋が行われ、18:00〜19:30は20町による屋台曳き廻し、手木あわせが行われ、お祭りの最大の見どころとなります。

山車は太鼓の音色や囃子手の笛に合わせて、袋井の町を練り歩きます。

また、市内全域の各町も曳き廻しが行われます。

細木の細工や彫り物で豪奢に飾られた各町自慢の屋台を見ることができます。

秋の訪れを感じさせるおだやかで熱い祭典の3日間です。

屋台が通ったあとの車輪の跡に袋井っ子はワクワクするのです。夜を迎えて若者の熱気も最高潮になります。

⚫︎出店

袋井祭りの賑やかなとこといったら、袋井駅北側です。

出店もとてもたくさん並び、一日中賑わっているのです。

出店を巡るだけでも、とてもワクワクした気分になります。袋井駅の北側には、たくさんの人が集まり賑わうのです。

-イベント・行事