生活お役立ち情報・楽しい面白い日にしたい!

生活お役立つ情報があなたの暮らしを応援します。

イベント行事

法多山の厄除けだんごともみじまつり

2016/09/01

 山門

静岡県袋井市にある有名な法多山尊永寺は、紅葉がとても綺麗で見る価値があります。

法多山は、およそ1290年ほど前に、神亀2年に聖武天皇の勅によって、行基上人が開山した高野山真言宗別格本山である勅願定額寺の列に偶せられて、朝廷、武将の篤信を授け信仰、文化の殿堂として栄えているのです。

寺号の「尊永寺」よりも山号の「法多山」の名で広く知られています。遠州三山の1つで、本尊は聖観音。 厄除け観音として知られ、厄除けだんごが名物です。

法多山尊永寺場所: 静岡県袋井市豊沢2777

アクセス 電話: 0538-43-3601

そして、紅葉時期の法多山ではいろいろなイベントが開催されています。

スポンサードリンク

⚫︎奥之院大祭

11月の観音縁日に行われる、法多山奥之院の虚空蔵菩薩の大祭では参詣者に甘酒などが接待されるのです。

この時期は、莎髻苑の大イチョウが黄金色に色づき、秋の深まりを感じさせてくれとても綺麗です。

⚫︎だんごまつり

全国のおいしいだんごが一堂に集まり、毎年開催される、全国団子サミットがあります。

ご当地静岡・袋井の美味しいものが集まり多数の出店、色々な催し物やステージでのショーなど、賑わいます。私が参拝させていただいたときは、猿廻しをしていてたくさんの人で賑わっていました。

法多山の名物の厄除けだんごの子供教室など、ご家族で楽しめる催しも盛りだくさんで楽しいです。

⚫︎みたらし団子

団子2

紅葉が良い具合になっている法多山では、期間限定でみたらしだんごを販売します。

余談ですが、春には桜だんご、夏にはかき氷とだんごの厄除氷なのです。

法多山のだんごには、季節限定品もこんなにあるのです。

⚫︎厄除けだんご

法多山は、厄除けだんごとして親しまれています。厄除けの効能もさることながら、その美味しさにもとても定評があり、和スイーツとして根強いファンも多いのです。

歴史は、13代将軍の徳川家定の時代、法多山門前の寺侍であった八左エ門さんが、名物になるものを作ろうと、観世音名物団子を創り出したのが始まりなのです。

お城へのお土産にも選ばれ、徳川将軍家よりくし団子と命名されたそうです。

江戸時代から伝わる伝統の味が、現在も同じ製法・材料で提供しているということなので、驚きです。

150年以上にもわたって愛され続けているのです。

食べないわけには、いきません。お土産で買われていく人もとても多いのです。

スポンサードリンク



⚫︎石蕗見ごろ

冬の訪れをすぐそこに感じられるようになった時期の境内には、杉並木の足下に、玉石垣の間には、石蕗(ツワブキ)が黄色い可憐な花を咲かせて、訪れる参詣者の目を楽しませてくれ、とても綺麗なのです。

 

⚫︎紅葉見ごろ

紅葉2

一年も残すところ、後一ヶ月あまりとなった晩秋の境内には、紅葉が赤や黄色に染まり、境内一面が彩り鮮やかな景色にしてくれます。

⚫︎もみじまつり

もみじの見頃に合わせて、毎年11月の最終土曜日・日曜日にさまざまなイベントを開催しています。

ごりやくカフェやワークショップなどのほか、期間限定・数量限定で厄除みたらしだんごもいただけます

毎年行くのがとても楽しみです。

もみじととても綺麗で、うっとりしてしまうくらいです。

 

-イベント行事