イベント・行事

遠州福田六社神社祭典のみどころ

2016/09/11

祭り3

遠州・静岡県磐田市福田(ふくで)で毎年10月に行われる六社神社祭典は、とても盛り上がる祭典です。

10月の祭りが終わったらすぐに、来年の六社神社祭典に向けて活動をしていくほど、力を入れているのです。

明治時代の東屋台・西屋台時代から発展していき、現在では祭典2日目の統一行動に周辺地区も合わせて23台もの祭り屋台が一同に集まり、威勢のいい「ソラヤレ」「シタシタ」の掛け声とともに練りまわされます。

賑やかで勇壮なる屋台祭りなのです。 氏神は海神を祀る六社神社です。

23台の屋台が集まるその光景は、言葉では表せられないくらい、かっこよくて綺麗で素敵なのです。

六社神社住所:静岡県磐田市福田1904 0538-55-2606

最寄り駅:磐田駅 / 豊田町駅 / 袋井駅

http://www.mapion.co.jp/m2/34.67815508,137.88204833,19/poi=22230590768

スポンサードリンク

⚫︎けんか祭り

遠州福田六社神社祭典の最大のみどころは、なんといっても、両日の18:00こらから中川通りに23台の屋台が集結して行う引き回しです。

威勢のいい「ソラヤレ」「シタシタ」などの掛け声と共にぶつかり合いが始まり見るものを圧倒します。けんか祭りと言われるくらいで、大迫力で大きな歓声があがります。

このけんか祭りは、夜中すぎまでずっと続くのです。

参加者は汗だくになりながら、練り続けるのです。雨でも関係なく威勢のいい練りは繰り広げられるのです。

⚫︎餅まき

遠州福田六社神社祭典で餅まきも、参加者がたくさんです。

2日間にわたり、午後から餅まきが行われます。

縁起のいいものとされていて、子供からお年寄りまで大勢の方が集まり活気がいいのです。

⚫︎屋台18台

祭り2

https://youtu.be/GfppOrAcars

中川通りから六社神社に行き、本通りでは神社周辺で18台の屋台をみることができます。

六社神社のある地域の屋台で、六社神社の前に18台の屋台が近い地域から順々に勢ぞろいします。

中川通りに向け一斉に屋台が動き出します。なんといっても、曲がるときがとても大変なのです。

電線にぶつからないように何度も切り替えしたり、トンネルや細い路地も神経を使うのです。

⚫︎祭囃子
日本の祭りはほとんどが農耕の神への豊作祈願と感謝の意味がこめられています。

神をほめたたえ、豊作を祈願し結果を感謝するのです。神をほめたたえる重要な手段が囃子なのです。

周囲から褒めそやし、引き立てて、栄えるようにするという意味である祭礼の際、神輿 に従って山鉾 ・山車 ・屋台 ・楽車 などの上で囃す音楽は、もともと神を迎えるための乱声 の一種であったと考えられています。

江戸時代に入って祭礼が風流化するとともに、祭りをにぎやかにするという機能をもつお囃子の練習はだいたい3ヶ月前から練習して、本番で最高のお囃子を披露するのです。

-イベント・行事