人間関係

妊娠中・産後のセックスレスの対処法

2016/09/05

夫婦関係

妊婦さんは母になるため体型も心境も、日々変化していきます。なので妊娠中は、お腹の赤ちゃんへの影響を恐れセックスを拒否する方が多いのです。

赤ちゃんのことを第一に考えるので、当然といえば当然なのです。

セックスは夫婦にとって大切なコミュニケーションですが、妊娠中のセックスレスの対処法を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

⚫︎相手の気持ちを尊重する

 

セックスは夫婦間で愛を確かめあうコミュニケーションですが、夫婦ともにイヤならわざわざ取り組まなくてもよいのです。

しかし、どちらかがやりたくて、どちらかがやりたくない、というアンバランスな状態が長く続くと、だんだんストレスが溜まっていってしまいます。

また、妊娠中にセックスレスになってしまった夫婦は、産後もなかなか夫婦生活が復活しないという話も聞きます。相手の気持ちも尊重しながら対応していくことも大切なのです。

 

⚫︎言葉で伝える

したくない気持ちを正直に伝えるのも一つの手です。

どうしてもお腹の赤ちゃんのことが心配になので今はあまりしたくない。ということをしっかり伝えることがとても大切です。

 

お腹の赤ちゃんは女性が守らなければいけないのです。

その時に、大好き。などの愛情を表す言葉は必ず添えることも忘れないようにしてください。

 

⚫︎お風呂に一緒に入る

 

セックスのかわりに毎晩一緒にお風呂に入って、夫の体を洗ってあげたり、触り合ったりしてスキンシップをとることが大切です。とても幸せな気持ちになれます。

 

⚫︎愛情表現をする

自分からスキンシップしたり、セックスだけでなく、マッサージで癒してあげるのもおすすめです。

また、しっかりと言葉で愛情を表現することもとても大事なことです。

セックス以外の夫婦のコミュニケーションの幅を広げることでより絆が深まるのです。

 

産後セックスレスになってしまう夫婦は結構多いのです。

妊娠前はとてもラブラブだったのに、出産後になると気持ちは通じ合っているのに、なぜかセックスだけは、どうしてもダメな夫婦も多いのです。

セックスレスの対処法を紹介したいと思います。

⚫︎夫婦で話し合いをする

男性にとって産後の女性の身体の変化は未知のものです。

その様な状態で一方的に女性が拒否を続けては、男性はどうしてよいかわからなくなってしまいます。

断れ続けてしまうと、男性は女性を誘うこともしなくなってしまうという、悪循環へとなるのです。

産後で体が痛いこと、寝不足で少しでも眠りたいことなど、話しあってみることはとても大切なことです。

パパのことが嫌いになったのではない、ということを、しっかりと伝えることでパパはあなたのことを待っていてくれるのです。

⚫︎スキンシップを大切にする

スキンシップと言っても、いやらしい意味合いではありません。

あいさつを欠かさないことや、相手の体に触れたり、普段の生活からお互いにスキンシップを心がけるようにすることがとても大切です。

ママの体調が悪かったり、寝不足でセックスはできない状態でも、スキンシップさえしていれば、気持ちが離れることはありません。

⚫︎夫婦2人でデート

たまには子どもを預けて、二人でお出かけすることは、夫婦の絆をより一層深めることになります。

子供が産まれることで、幸せは何倍も何十倍にもなりますが、2人だけのデートは昔を思い出すようで懐かしいような、新鮮なような気持ちになります。

授乳のある赤ちゃん期だと長時間の外出は難しいかもしれませんが、ランチや買い物くらいの時間なら、作ることが可能なのです。

祖父母やファミリーサポートなど身近な助けを借りながら、夫婦の時間も楽しむことでリフレッシュもできるのです。

映画デートもとてもオススメです。

2人だけのデートも、話題は子供の話しになることが多いのです。

-人間関係