生活お役立ち情報・楽しい面白い日にしたい!

生活お役立つ情報があなたの暮らしを応援します。

育児・子育て

女の子の育児で大変なこと 3つの忍耐

育児女の子l

実際、女の子の育児は楽だと言われていますが、経験上、大変だと思うこともしばしばあります。

男の子に比べて女の子の方が、育てやすいと感じることもあれば、やはり大変と思うことも沢山あります。

同性ということで男の子より、女の子に厳しくなってしまっているところもあるのです。

スポンサードリンク

⚫︎こだわりが強い

女の子育児で大変なことの1つ目はこだわりが強いことです。

洋服を選ぶのはとても楽しいですが、女の子自身にファッションのこだわりがあったりします。

特に2歳頃に訪れるイヤイヤ期のこだわりはちょっと大変です。

 

洋服はこれが良い。スカートはあれじゃなきゃイヤ。など、お気に入りの洋服があれば毎日着たいと、大暴れです。お気に入りのお洋服じゃないと嫌がるのです。

パジャマに着替える時、お気に入りの洋服を洗濯している時などは、とても大変です。

 

こだわりが強いので、何を言っても無駄なのです。

 

⚫︎とてもわがまま

女の子育児で大変なことの2つ目はわがままなことです。

小さいころは感情のコントロールがまだまだ上手にできないですし、自己主張を尊重してあげるべきなのですが、絶対嫌だ。と断固拒否され、ママと毎日のように言い合うこともとても多いです。

 

泣かれて、ママの方が折れておもちゃや洋服を一度でも与えてしまうと、ルールを尊重しない子供になり、泣いたり騒いだりすればもらえると思い込み、わがままを通すようになって、今まで以上に手が付けられなくなるので注意がとても必要です。

 

⚫︎生意気

女の子育児で大変なことの3つ目は生意気なことです。

女の子は男の子より成長が早い分できることがどんどん増えていきます。そして背伸びをしたがる傾向もあり、ママのマネをしたがるので、ときどきママをびっくりさせます。

お口も達者なので、ママとのバトルも毎日のように繰り返されます。

 

一日中、おしゃべりしていることもとても多いです。さらにママの話し方や口癖も真似て話すのでママはたじたじで大変です。

 

言葉遣いに十分に気をつけなければ、いい言葉も悪い言葉もすぐにマネてしまうのです。

女の子の育児で大変なこととして3つの忍耐を上げましたが、

日々遭遇しています。子供がちゃんと育ってくれればと思って毎日が忍耐です。

-育児・子育て