イベント・行事

クリスマス・イヴの意味とクリスマスの違い・関係は?

クリスマスが待ちどうしくなる季節ですが、

クリスマスとクリスマス・イヴは異なる意味なのか、

クリスマスは一つで良いのではないのか?など

いろいろ疑問に思いクリスマス・イヴの意味とクリスマスの違い・関係について調べてみました。

スポンサードリンク

クリスマス・イヴの意味

クリスマス・イヴはクリスマスの前夜、12月24日の夜を指します。

日本では一般に「聖夜礼拝」などという言葉で知られているものですが、これがクリスマスでは重要とされています。

その意味ですが、古代は「日没」が一日の終わりでしたから、日没以降が一日の始まりで、従って今日的に言うと夜は朝なのです。

ユダヤ暦や教会暦は日没をもって日付の変わり目としています。

ですから12月24日の夜とは古代では12月25の朝であり、ここからクリスマスが始まっていた、というわけです。

もっとも当初は、クリスマスの起源であるミトラス教のあり方のまま12月25日の日が昇った日中にやっていたようでした。

それが5世紀頃から多分前に書いた理由で24日の夜から礼拝が始まるようになり、さらに6世紀に入って25日の早朝にも礼拝が行われるようになったと言われています。

 

キリスト降誕祭クリスマス)の起源は?

ミトラス教と農業神サトゥルヌスの祭りとの融合

それでは、なぜ12月25日に「クリスマス」という祭りが行われるようになったのでしょうか。

これは当時のローマ帝国に流布していた「新興の宗教と昔からの伝統的民間信仰」に起源を持っているものでした。

当時ローマ帝国にはペルシャ由来の「ミトラス教」という新興の宗教が流行っており、それは「光の祭り」という性格をもっていました。

他方、このミトラス教の最大の「光の祭り」の時期というのは、これから光の時間が増えていくという「冬至」にあたっていて、それが「12月25日」だったのです。

他方、ローマ帝国内のどこでも、伝統的に民間では「太陽や繁茂を祝う祭り」が執り行なわれていて、「光の宗教」である「ミトラス教」はそれと融合していたようです。

たとえば、伝統的なローマの神である「農業神サトゥルヌスの祭り」もこのころにあった祭りでした。

そして、これらが融合される形でキリスト教に取り入れられてクリスマスは形成されることになったのです。

つまり、これらの「ペルシャ由来の新興宗教」と、ローマ帝国民の「伝統的な民間宗教」とがクリスマスの母体であったと言えるのです。

キリスト教の国教化によるクリスマスの誕生

その後、キリスト教が国教となると、「異教」の祭りはすべて廃止されました。

ローマ人が大好きであったオリンピック(これはギリシャの「神ゼウスの祭典」のメイン・イベントだった)でさえ廃止されてしまいました。

ミトラス教もサトゥルヌスの祭りも当然駄目の筈でした。

しかし、この日は何といっても「冬至」で、季節そのものの「けじめの日」であり、また「太陽」を待ち望む日、あるいは「農作業」に向かっていく心構えが作られる時期です。

民衆にとってはこれを止めるなどということはできない相談でした。

ところが、うまいことにキリスト教の神「イエス」は「光」にたとえることができました。従って、「現実的な太陽」から「精神的な光」に変わってしまいますが、「光」であるには違いない、ということでイエスはすんなりこの祭りの主人公に「取って代われた」のです。

また「農業神」の祭りもうまくいきました。

というのも、植物は「再生、死から生、永遠の生命」という観念を含んでいます。

ところが、イエスもまた「死からの復活、永遠の生命」を約束するものでした。

したがってここでも矛盾はありませんでした。こうして人々は太陽神の祭り農業神の祭りを「イエスの地上への出現の祭り」つまり「降誕の祭り」にすり替えて継続していったのです。

ですからミトラス教の祝日である12月25日がそのままキリスト教のクリスマスということになったのです。

これは当時ローマ帝国の首都であったローマの教会が主体となっていたようで、また「ローマ皇帝の肝いり」で始められたと伝えられます。

遅くとも紀元後345年には始められていたと推察されています。「復活祭」を定めたニケア公会議が325年ですからそれからすぐに始められたと言えます。

ローマ皇帝の肝いりですから、この祭りはローマ教会だけではなく、全てのキリスト教会のものとなったわけです。

そんなわけで、今日ローマ帝国の時代のキリスト教をひきついでいる「正教」でも「キリスト降誕祭(今日のクリスマス)」は12月25日にやる、ということになったわけです。

ただし、ユリウス暦を使用するエルサレム総主教庁とロシア正教会では、クリスマス・イヴは1月6日の晩に祝い、

クリスマスは1月7日になります。
スポンサードリンク


 

教会暦は12月24日の日没から25日の日没までの

1日がキリストを祝う行事が行われる訳です。

聖夜礼拝のミサや降誕祭は連続している訳です。

日本人のキリスト教信者数は約260万人(人口の1%)位ですから、ほとんどの人は礼拝はしないと思います。

ですからイベントを楽しむ過ごし方が日本では一般です。

-イベント・行事