イベント・行事

日本のクリスマスの歴史・起源、行事はいつから?

ジングルベルの音が聞こえるとき、ふと日本のクリスマスの歴史や起源、行事が気になりました。

クリスマスはイエス・キリストの誕生日を祝う祭り(降誕祭)ですが、

日本のクリスマスはそれとは大きく異なっています。

何げなく迎えるクリスマスですが、日本のクリスマスの歴史や起源、行事を調べてみました。

スポンサードリンク

 

戦国・江戸時代

日本にキリスト教が伝来したのは1549年にイエズス会の宣教師フランシスコ・ザビエルの布教からです。

そして日本で初めてのクリスマスが行われたのは1552年(天文21年)に周防国山口(現在の山口県山口市)において、カトリック教会(イエズス会)の宣教師であるコスメ・デ・トーレスらが、日本人信徒を招いて降誕祭のミサを行ったのが始まりと言われています。

しかし、その後江戸幕府の禁教令によってキリスト教は禁止されたことで、明治の初めまでの200年以上の間、隠れキリシタン以外には全く受け入れられませんでした。

一部の例外として、長崎出島のオランダ商館に出入りするオランダ人たちは、キリスト教を禁止する幕府に配慮しつつ、自分たちがクリスマスを祝うため、オランダの冬至の祭りという方便でオランダ正月を開催していました。

これには幕府の役人や通訳や蘭学者などオランダ人と付き合いのある日本人も招かれ、長崎に住むオランダ通の日本人たちの間でもこれを真似て祝うことがありました。

オランダ商館の者たちは江戸に出仕する事もありましたが、彼らを迎え入れる江戸の役人たちは、オランダ正月を参考にオランダの料理や文物などを用意してオランダ人たちをもてなしました。

 

明治時代

1873年(明治6年)になってから再びキリスト教が解禁されました。

クリスマスの行事は信仰上のものというより、商業上の行事として広まりました。

日本でクリスマスが受け入れられたのは、1900年(明治33年)に明治屋が銀座に進出し、その頃からクリスマス商戦が始まったことが大きな契機でした。

 

大正時代

大正時代になると、児童向け雑誌や少女雑誌の12月号には表紙をはじめとしてクリスマスにまつわる話や挿絵がたくさん導入され、1925年(大正14年)に日本で初めてクリスマスシール(結核撲滅の寄付切手)が発行されます。

 

昭和時代(戦前)

明治以来、皇位継承に伴って日が変更される休日には天長節(天皇誕生日)と先帝祭(先帝崩御日)の2つがありました。

1926年(大正15年)12月25日の大正天皇崩御に伴い、1927年(昭和2年)3月4日に当時の休日法「休日ニ関スル件」が改正され、昭和時代の先帝祭にあたる大正天皇祭(12月25日)が設定され、。日本でクリスマスの習慣が広く普及したのは12月25日が休日となっていたこの時代とされています。

1928年(昭和3年)の朝日新聞には「クリスマスは今や日本の年中行事となり、サンタクロースは立派に日本の子供のものに」と書かれるまでに普及しました。

昭和初期の頃、銀座、渋谷道玄坂から浅草にいたるまでの多くのカフェや喫茶店においてはクリスマス料理の献立を用意し、その店員はクリスマスの仮装をして客を迎える様子を1931年(昭和6年)12月12日の都新聞は、「七千四百余のカフェと二千五百余の喫茶店に華やかにクリスマスが訪れサンタ爺さん大多忙を来たす」と報じました。

第二次世界大戦の最中、1944年に撮影された『加藤隼戦闘隊』では、前線部隊の食堂でクリスマスツリーが飾られているシーンが映っているなど、戦争中でもクリスマスを祝う者はいたようです。

 

昭和時代(戦後)・平成時代

1948年(昭和23年)7月20日に「国民の祝日に関する法律」が施行され、大正天皇祭は休日から外されましたが、以降もクリスマスは年中行事として定着し、行事も盛大に行われるようになりました。

商業施設では早いところは11月上旬からクリスマスツリーが飾られ、クリスマスセール等が行われ、店内にはクリスマスソングが流れ、洋菓子店ではクリスマスケーキが販売されます。

街中では街路樹にイルミネーションの豆電球(2010年代以降は省エネに配慮してLED照明)が飾り付けられ、庭のある家庭では庭木などに電飾を施され、商業施設などの場合12月24日のクリスマス・イヴにイベントなどが開催されます。

イギリス・英連邦諸国では、12月26日に使用人や配達人などにプレゼントを渡すボクシング・デーがあり、1月6日までをクリスマス期間ともしています。

日本では12月26日になると、クリスマスの飾りが一転して門松などの正月飾り(日本の神道式)に付け替えられたり、小売店などでも正月準備用や大掃除用商品の陳列・販売が中心となる、BGMも『お正月』が流れる、という点が特異です。

近年では、1月1日の「カウントダウンイベント」が盛んになる12月31日深夜まで、イルミネーションがそのままにしているところも出ています。

日本でもクリスマスは大きなイベントとして定着したが、やはり本場のキリスト教圏と比べるとその規模は小さいという指摘もあります。

旅行サイトのスカイスキャナーが発表している「クリスマスを避けるために行く国トップ10」のランキングでは、イスラム国家のサウジアラビア、アルジェリア、イランや、仏教国のタイ、国家に従わない宗教を弾圧している中国や北朝鮮などを押さえ、日本が1位となっています。

なお、先帝祭は休日から外されてしまったものの、宮中祭祀では変わることなく行われています。

1989年(昭和64年)1月7日の昭和天皇崩御に伴い、平成時代の先帝祭にあたる昭和天皇祭が、ユリウス暦を採用する正教会のクリスマスと同日の1月7日となり、2代続けてクリスマスにまつわる日となっています。
スポンサードリンク


まとめ

日本のクリスマスは本来の信仰上のキリスト教のクリスマスとは大きく違っています。

もっぱら商業上のイベントとなっており、日本流の行事として楽しむことが目的です。

ケーキを食べて家族団欒を楽しんだり、恋人と一緒に過ごしたり、買い物を楽しんだりしています。

信仰にとらわれないことが日本の良さの一つではないでしょうか。

-イベント・行事