健康・美容

産後ダイエット 母乳育児は効果的、3つの方法

2016/09/05

産後ダイエット

妊娠中は体重増加し、産後太りでお腹周りもまだまだゆったりしていたり、体重も妊娠前に戻っていないので、産後ダイエットをするママはたくさんいます。

しかし、出産直後は体力が落ちており、体に無理をさせられないです。

新生児との生活もスタートするので、正直、ダイエットをしている時間は少しもないのが、現状なのです。

また、過剰な食事制限は、母乳の質を下げてしまうため、授乳中は食事にも気をつかいます。

産後ダイエットの方法にどのようなものがあるか紹介します。

スポンサードリンク

⚫︎母乳育児

好きなものばかり食べていては、乳腺炎になってしまう確率を上げてしまいます。

母乳育児をしていると自然と食事内容に気をつけるようになり、体重減少につながりやすいのです。

授乳することによって、ものすごいカロリーを赤ちゃんに与えることになるので、母乳育児をしていただけなのに、どんどん体重が落ちていくのです。

最近では半数以上のママが母乳で育てています。

どうりで太ったママを見かけなくなりました。

しかし、これにも個人差が大きく関わるので、授乳しているからと体重が落ちないママもいるのはしかたがないです。

そんな場合は後の2つを心掛けてみてはどうでしょうか。

⚫︎エクササイズ

エクササイズといっても、ジムへ行ったりエクササイズのために時間を費やすことは難しいのです。

 

産後1ヶ月で家事をするようになってからは、つま先立ちで調理をしたり、洗濯物を干したりと、ついでにできることからエクササイズしていくことがとても大切です。

 

長続きできることが、とても重要になってきます。赤ちゃん中心の生活になるので、時間を有効に使うことがとても大切なのです。

 

首が座ってからは抱っこしながらスクワットをしたり、子供と遊びながら触れ合いながらのエクササイズをして、体力をつけながらダイエットすることができます。

 

⚫︎和食中心の食生活

 

和食は、高タンパク・低カロリーのメニューが多く、栄養や食物繊維が豊富なことからダイエットにとても適しています。

乳腺炎の元となる脂質や糖分が少ないことは、とても大切なことです。

乳腺炎になると、高熱・胸の激痛で母乳外来で治療してもらわなければいけなくなるのです。

 

産後は和食中心の食生活を心がけるだけで、母乳の質もあがりますし、ダイエットにもつながります。

産後ダイエットの方法として⚫︎母乳育児⚫︎エクササイズ⚫︎和食中心の食生活 の3つを紹介しましたが、ちょとした気遣いでできることなので、あなたも諦めずに試してみてくださいね。

-健康・美容