育児・子育て

育児の楽しみ方

2016/08/13

赤ちゃん

赤ちゃんはお腹が空いた、オムツを変えて欲しい、

など泣いて要求してきます。

口で伝えられない赤ちゃんが気持ちを伝える唯一の手段なのです。

ママは泣かれればその要求を満たす為に、あらゆる手を尽くしてあやします。

気持ちを切り替える方法が分かってくれば、子育ては楽しくなります。

スポンサードリンク

⚫︎手抜きも大事

赤ちゃんにかかりっきりになる事で、家事も出来ないという事も少なくないのです。

そして、ストレスへとつながります。

ストレスがたまることで、子供へとストレスをぶつけてしまうのです。

家事には手抜きをし、優先すべきは赤ちゃんのお世話です。

疲れた時は赤ちゃんと一緒に眠ることで、それだけで気持ちが楽になりました。

そして、慣れていくうちに時間を上手に使えるようになり、

色々な事をこなしていく事が出来るようになります。

育児の楽しみ方が解かれば、ストレスも跳ね返すことが出来ます。

⚫︎周りと比較しない

1人1人成長は全く違うので、周りの子供と違うのは当たり前の事です。

参考までに比較するのは良いと思いますが、その比較で思い詰めてしまうのであれば、周りを気にしないのが一番です。

成長が早くても遅くても確実にその子のペースで成長してます。

大事なのは、その成長を見守ってあげる事です。

 

⚫︎仲良しのママ友がいる

子育ては、親の意志ではどうしようもないことが大きいので、ストレスを減らす手段が確保できていることは重要です。

その中で仲良しのママ友がいることで、育児の悩みを相談したり、

一緒に遊ぶことで子供同士遊ばせている中はのんびりすることができるのです。

ママ友とのお出かけは、子供もとても楽しそうな表情をします。

その笑顔を見るだけで、幸せな気持ちになれるのです。

 

⚫︎子供が寝たら、ゆっくり紅茶を飲む

子供が寝たら、やっとママの自由時間なのです。

慣れない育児は、子供が起きている時は、ママの時間はないものと等しいのです。

子供が寝たら、ゆっくりと好きな紅茶を入れてリフレッシュすることが楽しみになるのです。

ケーキなどプラスして、少しの贅沢も育児へのやる気にもなるのです。

育児の楽しみ方を一つ一つかみしめている毎日です。

 

-育児・子育て