生活お役立ち情報・楽しい面白い日にしたい!

生活お役立つ情報があなたの暮らしを応援します。

健康・美容

夏風邪予防法

2016/09/05

風邪

毎日暑い日が続きます。

夏は身体をクーラーで冷やしたり、急に暑いところに出たりと

体調を崩しやすいのでご注意してください。

また、夏風邪とかもひきやすいですしね。

一度ひくと、夏風邪はなかなか治りにくいです。

体調などを崩さないために『夏風邪予防法』について書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

夏風邪とは?

風邪はウイルスの感染で起こるのはご存知ですか。

そして、風邪のウイルスは200種類以上あるんだとか・・・

そのウイルスの中でも、夏場のように高温・多湿を好むウイルスに感染してしまうことを『夏風邪』というのです。

 

夏風邪の代表的なウイルスは?

・アデノウイルス

アデノウイルスはアデノ=喉という意味で主な症状として喉の痛みや激しい咳、発熱が特徴です。

 

・エンテロウイルス

エンテロウイルスはエンテロ=腸ということ意味で主な症状として発熱や喉の痛み、下痢や腹痛が特徴です。

などがあります。

 

夏場はクーラーのかけすぎなどで、体調を崩したりして免疫力が低下し、抵抗力が弱くなり感染してしまいやすくなるんです。

 

夏風邪の予防方法は?

では夏風邪をひかない為の予防方法はどうした良いのでしょうか?

やはり一番は『手洗い・うがい』が基本だと思います。

まずは、ウイルスから身体を守りましょう。

あとは体力をつけること、体力を落とさないようにすることも大切です。

バランスの良い食事を食べて体力をつけましょう。

生姜やにんにくは免疫力を高めてくれます。

また、暑いからといって冷たい食べやすい物ばかり食べていないですか?

お腹を冷やすと免疫力を低下させてしまいます。(大人も子供と一緒です)

あとは充分な睡眠をとること。睡眠不足でも免疫力が低下するとのことです。

やはり大切なのは、

①手洗い・うがい

②栄養のある食事

③充分な睡眠

だと思います。

 

夏風邪をひいてしまったら

風邪には特効薬がありません。

飲む薬はその症状に合わせた対症療法になります。

基本的にはやはり、免疫力・抵抗力をつけること。

身体を休めるためにしっかりと睡眠をとりましょう。

また食欲がなくても消化の良いうどんやおかゆなどを食べましょう。

熱が無ければお風呂に入ってリフレッシュするのも効果的です(長湯はダメですよ)。

あとはこまめな水分補給です。

スポーツドリンクなど吸収力が高いのでオススメです。

(ただし、糖分多いので飲みすぎには注意です!)

 

以上、ざっと書いてみましたが私も先週夏風邪をひきました・・・。

偉そうなこと言えないですけど、お互いに気を付けましょう。

 

-健康・美容