生活お役立ち情報・楽しい面白い日にしたい!

生活お役立つ情報があなたの暮らしを応援します。

健康・美容

快眠に効果のある食べ物で不眠症の改善ができる!

2017/02/10

fuminnsyou

快眠に効果のある食べ物で不眠症の改善ができる!

不眠症に悩んでいる方は非常に多いです。

仕事で生活リズムを治せない、睡眠薬はなんだか怖くて飲みたくない。

そんなことを思うだけで、何もせずに、不眠症のままになっていませんか?

そんな方におすすめなのが、食べ物での不眠症の改善です。

ここでは、快眠に効果のある食べ物を5つご紹介します。

スポンサードリンク

ハチミツ

ハチミツにはトリプトファンという成分が豊富に含まれています。

トリプトファンは人間の体内に入ると、セロトニンというホルモンを分泌させる働きがあります。

セロトニンは、ストレスを解消して、穏やかな気持ちにしてくれるもので、睡眠には欠かせません。

 

寝る1時間前に、大さじ一杯のハチミツをホットミルクやハーブティーに混ぜて飲むと効果的です。

 

バナナ

バナナには、マグネシウムやカリウムが含まれています。

マグネシウム、カリウムが不足してしまうと、睡眠障害が起きてしまいます。

バナナを食べることで不足を補うと、睡眠障害が起きにくくなります。

また、ハチミツに含まれるトリプトファンは、バナナにも含まれています。

 

睡眠の1時間ほど前に、バナナを半分程度食べると、良い睡眠が期待できます。

 

乳製品

牛乳やヨーグルト、チーズといった乳製品にはトリプトファンが豊富に含まれています。

それだけでなく、カルシウムも豊富です。

カルシウムは興奮を抑える効果がありますので、就寝の手助けとなります。

 

ホットミルクやチーズにハチミツを入れると睡眠効果は抜群です。

 

さくらんぼ

さくらんぼには、睡眠効果の高いホルモンであるメラトニンが非常に多く含まれています。

メラトニンは、トリプトファンを元にして体内でも合成されますが、直接食べ物から取った方が高い効果を得られます。

 

さくらんぼの実を食べてもいいですし、さくらんぼジュースでも効果がしっかりと出ます。

就寝の30分前から直前に摂取すると快眠効果が高いです。

 

ハーブティー

ミントやレモングラス、カモミールといったハーブには、リラックス効果があります。

香り成分には副交感神経の働きを良くしますので、香りを楽しむだけでも効果があります。

 

温度は少し温めがちょうどよいです。

熱すぎると身体が覚醒してしまいます。

 

普通の紅茶は、睡眠前に飲むのは避けましょう。

覚醒作用のあるカフェインが含まれているためです。

 

ぶどう

さくらんぼと同じく、ぶどうにもメラトニンが豊富に含まれています。

そのまま食べても、ぶどうジュースでも効果があります。

 

ただし、ぶどうが原料となっているといっても、ワインはNGです。

アルコールは良質な眠りを妨げてしまいます。
スポンサードリンク


以上、不眠症を改善する快眠に効果のある食べ物を6つ紹介しました。

どれもスーパーで売っていて、気軽に摂取できるものばかりです。

安価で買うこともできるので、ぜひお試しください。

※もくじ・記事一覧はこちらから。

-健康・美容