生活お役立ち情報・楽しい面白い日にしたい!

生活お役立つ情報があなたの暮らしを応援します。

イベント行事

東京マラソン2017の応援スポット・穴場ポイントをご紹介

2017/02/27

tokyomarasonn2

東京マラソン2017の応援スポット・穴場ポイントをご紹介

2007年に始まり、今や冬の一大イベントとなった東京マラソン。

フルマラソンだけでも3万5千人も参加します。

有名ランナーはもちろん、コスプレランナーはいますし、友達が参加している人もいるでしょう。

せっかくだから生で応援したいと思っても、どこで観ればよいかわからないですよね。

東京マラソン2017からコースが変わりました。そこでおすすめの応援スポット・穴場ポイントをご紹介します。

スポンサードリンク

開催日程

2017年(平成29年)2月26日(日)
9時05分 車いすマラソン・10kmスタート
9時10分 マラソン・10kmスタート
10時50分 10km競技終了
16時10分 マラソン競技終了

で行われます。

 

2017年からコースが変わった!

今までに東京マラソンで応援した方もいらっしゃると思います。

ですが、ご注意ください。

2017年からコースが変わっています。

 

2016年までは下記のようなコースでした。

東京都庁→飯田橋→皇居前→日比谷→品川→銀座→日本橋→浅草雷門→銀座→築地→豊洲→東京ビッグサイト

 

2017年からはこのようになっています。

東京都庁→飯田橋→神田→日本橋→浅草雷門→両国→門前仲町→銀座→高輪→日比谷→東京駅前・行幸通り


驚くほどにコースが変わっていますので、今までの応援スポットで使えなくなってしまったところもあります。

それを踏まえたうえで、4か所の応援スポット・穴場ポイントをご紹介します。

 

飯田橋

コース変更前からの名所です。

コースでいうとだいたい5キロ地点になります。

目白通りや東京区政会館前は非常にランナーが見やすい場所です。

 

また、飯田橋駅近くに歩道橋があります。

多くのランナーを一望できますので、写真を撮るにはもってこいの場所です。

 

日本橋

日本橋は今回初めてコースに入ります。

およそ10キロ地点ですので、まだまだ力強く走るランナーたちを見ることができます。

 

高島屋や三越本店があるため、元々賑わいのある場所です。

ですので、橋周辺は大変混雑することが見込まれます。

 

百貨店の屋上や窓越しといった高い場所からランナーを観れるのは面白いかもしれません。

 

銀座

2016年まではランナーが2回通っていましたが、2017年からは1回になりました。

例年、最も声援が飛び交う場所となっています。

約30キロ地点にありますので、ランナーにとっては正念場となります。

 

もし銀座で応援したい場合は、早めに行って場所取りをしましょう。

そうしないと、後ろの方で応援することになり、ランナーが見えないかもしれません。

 

東京駅前

東京駅前の行幸通りが新たなゴール地点となりました。

皇居や丸ビル、東京駅の赤れんが庁舎を眺めることができる場所で、ランナーたちが最後の力を振り絞って走ります。

 

ゴールですので、かなりの人出が予想されます。

銀座と同様に早めの場所取りが必要となりますので、注意しましょう。

スポンサードリンク


以上、東京マラソンの応援スポット・穴場ポイントを4か所ご紹介しました。

ランナーたちの熱気に負けじと、熱い声援を送りましょう。

結果発表:コースが平坦になったのでスピードアップしました。

【最終順位】
優勝:ウィルソン・キプサング 2時間3分58秒
準優勝:ギデオン・キプケテル
3位:ディクソン・チュンバ
4位:エバンス・チェベト
5位:アルフェルス・ラガト
8位:井上大仁
10位:山本浩之
11位:設楽悠太
※以下省略

【日本人順位】
1位:井上大仁 2時間8分22秒
2位:山本浩之
3位:設楽悠太

【女子の結果】
優勝:サラ・チェプチルチル 2時間19分47秒
準優勝:ベルハネ・ディババ
3位:アマネ・ゴベナ
4位:藤本彩夏

※もくじ・記事一覧はこちらから。

-イベント行事