生活お役立ち情報・楽しい面白い日にしたい!

生活お役立つ情報があなたの暮らしを応援します。

健康・美容

夏バテ予防 あなの子供は大丈夫?

2016/09/05

夏バテ

猛暑が続く中、子供、大人ももちろん、夏バテには気をつけたいものです。

体が暑さに慣れていない梅雨が明けたこの季節、急激に気温が上がったこの季節は特に注意が必要になってきます。

私の経験ですが、季節の変わり目なんかは、風邪をひきやすくなります。

できるだけ子供の夏バテ予防のために、普段から外遊びで体を鍛えてもらい、喉が渇いてなくても水分を取ってもらうようにしましょう。

 

子供の夏バテを防ぐコツ!!

まず、夏バテの大きな原因は、暑さによる食欲の低下です。

そのため冷たいもの(飲み物・食べ物)の摂取が多くなり食事のバランスが偏ってしまうことです。

基本、1日3食、食べなきゃいけないのに、暑さにより1日2食になってしまったり、夏の夜は、暑さによる寝苦しさで睡眠不足になったり、また、子供は大量の汗をかきますから水分不足により体調を崩す場合が多いのです。

・こまめな水分補給

・寝床の温度調整

・食事の管理

などを気をつけて、子供の夏バテ・熱中症を気をつけましょう。

スポンサードリンク

お家でできる夏バテ予防法!

子供の夏バテは、ママにとって大の敵です。

私が、保育園で聞いた、お家でできる予防法を紹介します!

・普段から軽い運動をして、お風呂に浸かる習慣をつけましょう。

・水分を取るなら、麦茶がオススメです。

・休日、お家で過ごす時など室温は冷房28度前後にしましょう。

・夏野菜は体を冷やしてくれるのでしっかりと摂りましょう。

だそうです。

夏野菜といえば、『きゅうり』や、『トマト』、『ナス』、『ピーマン』に『トウモロコシ』などを、お家でお味噌汁や料理の具材に少し意識して作って、食べさせてあげるだけでも子供の夏バテ予防につながります。

 

夏野菜の効能

・きゅうり・・・利尿作用、余分な熱、塩分を取る

・トマト・・・食欲増進、余分な熱をとる、喉を潤す

・ナス・・・血のめぐりを良くする、化のうや腫れを治める

・ピーマン・・・血をさらさらにする

・トウモロコシ・・・胃腸の調子を整える

私たち大人もとっておきたい食材です。

子供って親が一緒に食べると、食べてくれますからね。

 

夏バテにならないために!

夏バテにならないためにも、気をつけておくことがたくさんあります。

まず、冷たい麺類や飲み物、アイスクリームの取りすぎには注意です。

夏だからといって、冷たいそうめんや、うどん、蕎麦になりがちですが、

冷たいと子供の胃にも良くないので取りすぎないように注意してください。

 

アイスクリームは、甘いのが定番です。糖分の取りすぎになってしまいます。

そして、冷房をつけると思いますが、長時間いて寝る時もそのまま付けていてはダメです。

タイマーをつけて体を冷やしすぎないようにしてください。

夏は、お祭りや、花火や、夏休みシーズンですが夜更かしには気をつけましょう!

 

最後に、子供の夏バテ予防について書きましたが、大人も同様に気をつけたいものです。

良い夏を快適に過ごすためにも、参考になれば良いなと思います。

-健康・美容