生活お役立ち情報・楽しい面白い日にしたい!

生活お役立つ情報があなたの暮らしを応援します。

イベント行事

さっぽろ雪まつり いつから 2017 日程と歴史・見どころは?

2017/02/10

yukimaturi

さっぽろ雪まつり いつから 2017 日程と歴史・見どころは?

さっぽろ雪まつりは200万もの観光客が訪れる冬の北海道の一大イベントです。

市民が作るものから、ステージがある巨大なものまで様々な雪像が並びます。

会場が3つもあってコンセプトも違うので、下調べしないとちゃんと楽しめません。

ここでは、さっぽろ雪まつり いつから 2017年の日程・歴史や各会場の見どころ・コンセプトなどを紹介します。

スポンサードリンク

さっぽろ雪まつりの日程

さっぽろ雪まつりは、札幌で2月上旬に行われる冬のお祭りです。

会場は市内3か所となっています。

人出は200万人とも言われ、海外からの観光客も非常に多いです。

雪像と氷像の数は合わせて200基となっており、世界最大級の数です。

 

開催日程

大通会場・すすきの会場

両会場とも開催日程は2017年2月6日(月)~2月12日(日)です。

 

大通会場:大通公園1~12丁目

ライトアップは日没16:00頃~22:00まで

 

すすきの会場:南4条通~南7条通までの西4丁目線市道

ライトアップは日没16:00頃~23:00まで※最終日は22:00まで

 

つどーむ会場

2017年2月1日(水)~2月12日(日)

会場:札幌市スポーツ交流施設  コミュニティドーム(愛称:つどーむ)

開催時間:9:00~17:00

 

さっぽろ雪まつりの歴史は

さっぽろ雪まつりは1950年に始まりました。

当初は、札幌市内の中高生や国鉄作業員が雪像を製作しました。

それと併せて、園芸大会や仮装行列、映画上映などが行われ大盛況でした。

雪像が巨大化したり、市民が雪像作りに参加するなど、年々祭は規模を増していきます。

 

転機は1972年です。

この年、札幌では冬季オリンピックが開催されました。

その際に、さっぽろ雪まつりは世界的に紹介され、海外からも注目される祭となったのです。

 

雪像づくりに最も欠かせないのは陸上自衛隊の協力です。

1955年から陸上自衛隊が雪像制作を行っています。

残念ながら、テロ対策や陸自の部隊縮小もあり、以前より制作数は減っています。

それでも、大通公園の巨大雪像のうち2基は制作していますし、他の巨大雪像の制作アドバイザーには自衛隊OBが参加しています。

 

メイン会場・大通公園

札幌市の中心部にある大通公園に大小の雪像が並びます。

その距離、およそ1.5kmにも及びます。

 

大通会場では、巨大な雪像を観ることができます。

その前のステージで、多数のイベントが行われています。

見どころで最も人気が高いのは、近年始まったプロジェクションマッピングです。

 

大通会場はいつでも見ることができますが、ステージイベントは時間が決まっていますので、確認が必要です。

 

また、アクセスが非常に良いのが特徴で、市内の地下鉄3路線がすべて通っています。

大通を中心として、他の場所を観光すると移動が楽ちんです。

 

子供が楽しめる・つどーむ会場

つどーむ会場には、子供が楽しめるアトラクションがたくさんあります。

雪で作ったすべり台や、雪上パークゴルフなど雪を直接楽しめるものが主体です。

 

すぐそばの屋内会場では道産グルメを楽しめるお店が多数出店しています。

天候に左右されず楽しめるのでこちらもおすすめです。

 

開催時間は9:00~17:00となっています。

アクセス

札幌中心部からはかなり離れています。

市営地下鉄東豊線で大通駅から20分程度の栄町駅で降りて、徒歩10分ほどです。

車で移動すると40分程度はかかります。

一般車両用の駐車場はありません。

公共交通機関・シャトルバスでご来場ください。

(地下鉄東豊線栄町駅から約800m)

 

氷の彫刻がメイン・すすきの会場

大通から歩いて10分ほどのすすきのでは、氷の彫刻がメインとなっています。

別名「すすきの氷の祭典」と呼ばれています。

 

夕方以降はネオン照明で照らされ、氷像が彩られます。

大通会場同様、時間に制約はありませんが、ライトアップは23:00まで。※最終日は22:00までです。

 

札幌一の歓楽街の中心で行われるので、観終わった後はそのまま北海道の味覚を楽しむのが良いでしょう。

スポンサードリンク


以上、さっぽろ雪まつりの歴史と、各会場の紹介をさせて頂きました。

迫力ある雪像や氷像を楽しめる機会はそう多くありません。

ぜひ2月の札幌に足を運んでみてください。

 

※もくじ・記事一覧はこちらから。

-イベント行事