生活お役立ち情報・楽しい面白い日にしたい!

生活お役立つ情報があなたの暮らしを応援します。

健康・美容

減煙してから禁煙に向かう方法はどうですか

2017/02/10

kinnenn

減煙してから禁煙に向かう方法はどうですか。

タバコの価格はどんどん上がっていきますし、吸うことができる場所も続々と減っています。

それなら、そろそろ禁煙をしようかと考えている方も多いと思います。

しかし、いざ禁煙始めるとなると、イライラが募り、諦めてしまいがちです。

そこでおすすめしたいのが、減煙です。

まずはタバコの本数を減らしてから、その後、禁煙にチャレンジします。

まずは減煙の方法を紹介します。

スポンサードリンク

減煙その1:まずは現状確認!そして目標本数と期間の設定!

一日にタバコを何本吸っていますか?

平日と休日で違うかもしれませんし、飲み会の時は本数が増える方も多いでしょう。

ですので、平均的な本数を確認しましょう。

タバコの本数を確認することで、スタートラインがわかります。

すると、今後の減湮の目標が立てやすくなります。

 

続いて、目標の本数とそれを達成する期間を設定します。

目標は個々人で自由に決めるのがよいでしょう。

例えば、月の出費を5,000円以下に抑えたいといったことから逆算するのも良いです。

最初から難しい設定をするよりも、達成しやすい目標の方がやりやすいと思います。

 

続いて、達成する期間ですが、こちらも自由です。

一か月単位でも良いですし、一年で設定するのも構いません。

ただし、短すぎる期間は止めましょう。

1~2週間で急激に減らすと、離脱症状に悩まされてしまいます。

すると、元の本数に戻ってしまいます。

 

減煙その2:しっかりと本数を数える

減煙を始めたら、朝から吸った本数をちゃんと数えましょう。

そして、本数を毎日記録します。

おすすめは、毎朝タバコの封を開けることです。

そうすると、必ず20本からスタートになります。

寝る前に本数を数えれば、その日の本数が簡単に計算できます。

元々本数の少ない人はシガレットケースを使うと数えやすいです。

 

減煙その3:タバコを吸う場所を決める

職場や外出先の多くでは、喫煙所が定められているので問題ありません。

しかし、家の中だとどこでも吸ってしまう人も少なくありません。

すると、だらだらと吸ってしまいがちで、自然と本数が増える傾向にあります。

ですので、ベランダや庭、換気扇の下など、自宅内での喫煙所を決めましょう。

そうすると、わざわざその場所に吸いに行かなくてはならないこともあり、

本数の意識もしやすくなります。

減煙その4:一本吸ったら、時間を置く

減煙での一番の大敵は、連続的に吸ってしまうことです。

しばらく吸えないと、ついつい二本、三本と連続で吸ってしまいがちです。

これではなかなか目標を達成することができません。

ですので、一本吸ったら、少なくとも30分は吸わないといったようにルールを決めましょう。

そのルールがきつくなくなったら、どんどん時間を延ばします。

1時間、2時間と延ばしていけば、自然と本数は減っていきます。
スポンサードリンク



いかがでしたでしょうか。

いきなりの禁煙はかなりハードルが高いです。

上で紹介した方法を使って、少しずつタバコの本数を減らしていきましょう。

 

※もくじ・記事一覧はこちらから。

-健康・美容