生活お役立ち情報・楽しい面白い日にしたい!

生活お役立つ情報があなたの暮らしを応援します。

娯楽・趣味・ファッション

胸キュン少女漫画4選 実写映画と一緒に楽しみたい!

2017/02/10

bokura

胸キュン少女漫画4選 実写映画と一緒に楽しみたい!

キャスト予想も楽しみな実写映画化

子どもの頃、誰もが胸を馳せた少女漫画。最近では、その少女漫画が次々と実写映画化し、話題を呼んでいます。

「これを実写化するなら誰が適役だろう」「このシーンも再現されるのかな?」と、原作ファンならより一層わくわくしてしまいますよね。

そんな大人気の“実写映画化した少女漫画”、そして“これから実写映画が公開される少女漫画”を4選、チェックしておきましょう。

スポンサードリンク

詩的な表現と切ない恋が泣ける・・・

約10年という長期間にわたって連載された『僕等がいた』(著者:小畑友紀)の実写映画化には、歓喜したファンも多いはず。

どこかミステリアスな雰囲気のあるモテ男・矢野元晴役に生田斗真さん、純朴で愛らしい高橋七美役に吉高由里子さんが抜擢され、原作のイメージにぴったりだと話題になりました。

掴みどころのない矢野を追い求め続ける七美の姿や、遠距離恋愛の切ない心理描写に思わず涙してしまいます。

実写映画は前篇・後篇と2部編成になっているため、じっくりとその世界観に浸ることができます。

ときめきたいなら『ストロボ・エッジ』が間違いない!

人肌恋しい季節、胸キュンしたいなら『ストロボ・エッジ』(著者:咲坂伊緒)がおすすめです。

少女漫画によくある王道ラブストーリーのようで、一筋縄ではいかないもどかしさに、つい時間を忘れて読み進めてしまいます。

ヒロイン木下仁菜子を演じるのは、透明感抜群の有村架純さん。女子から大人気なのにもかかわらず一途な好青年、一ノ瀬蓮役は福士蒼汰さん。

今も第一線で活躍する2人の共演作は、見逃せません。

どこまでも爽やかで、「もう一回青春やり直したい!」と思わされるストーリー展開ですよ。

幅広い世代から支持され、待望の映画化

『溺れるナイフ』(著者:ジョージ朝倉)は、菅田将暉さんと小松菜奈さんで実写化され、今も絶賛公開中の少女漫画原作の映画。

こちらは他の少女漫画と違い、どこか危なげでつい目が離せなくなってしまうストーリーや壮大なイラストが魅力。10代のリアルな自我や葛藤が、独特の世界観で表現されています。

原作があまりに繊細な描写で描かれているため、実写化は難しいのではないかと言われていたこちらの作品ですが、主演の菅田さんと小松さん、そして新進気鋭の監督山戸結希さんが、その空気感を見事に再現しています。

定番の胸キュンストーリーの合間に、ビリビリと痺れるような激しさを持ったこちらの作品がおすすめです。

ヒロインが羨ましすぎる!究極のイケメン2人との三角関係

来年3月公開予定の映画も、予習しておきましょう。『ひるなかの流星』(著者:やまもり三香)は、怒涛の胸キュンで二度も三度も読み返してしまうこと必至の大人気少女漫画。

不器用で一途な愛情表現がグッとくる馬村大輝役には、10代の女性から絶大な支持を誇るEXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBEの白濱亜嵐さんが抜擢。

ヒロインを翻弄する獅子尾五月役を、ドラマ『ダメな私に恋してください』『好きな人がいること』で世の女性たちを魅了した三浦翔平さんが演じます。

原作ファンが多い『ひるなかの流星』を、どのように実写化するのか、今から期待が高まります。

スポンサードリンク



冬休みはまったり漫画&映画で決まり!

自宅でゆっくりと寛ぐ時間のお供に、少女漫画、そして、その実写映画はいかがですか?

学生時代のほろ甘い雰囲気にキュンとしたり、思うようにいかない恋愛の切なさに涙したり、忘れかけていた感情を思い出させてくれます。

原作を読んでから映画を見ることで、また違った目線で楽しめますし、きっと登場人物に感情移入して見入ってしまうことでしょう。

これからの寒い季節、胸に残るストーリーで、おうちで過ごす時間も充実したものにしたいですね。

 

※もくじ・記事一覧はこちらから。

-娯楽・趣味・ファッション